window.dataLayer = window.dataLayer || []; function gtag(){dataLayer.push(arguments);} gtag('js', new Date()); gtag('config', 'G-6QLLJ7YCHW');
a 1
アンテナはマイクから見て見える場所に設置していますか?
鉄筋コンクリートの壁や人の影など見通しを妨げるものはありませんか?
学校など不得的多数のマイクを使用している環境ではチャンネルグループを変えて下さい。
チャンネル設定は必ず説明書のチャンネルグループ6波内で設定して下さい。
違うグループで設定致しますと、混信や電波切れ等の症状が出ますのでご注意ください。
マイクとマイクを近ずけ好きていませんか?念の為50センチ以上離してご使用してください。
電波のデットポイント(影)が出来ていませんか?デットポイントを避ける様にアンテナなどをセットしてください。
チューナーの近くにパソコン・ハードディスク・ WiFi・蛍光灯などの電磁波を発生している機器がある場合それより離してご使用ください。
近所で(確認ができない店など)ワイヤレスマイクを使用している場合は下記を参照ください。
チューナだけ電源を入れ RF(電波入力感度メーター )で電波入力の無い (少ない )チャンネルグループを選び全てのマイクをグループにまとめてセットしてください。チューナーの電波感度を下げるのも有効な方法です。(説明書11ページ)

a 2
チューナー1台(ABチャンネル)に対し2台まで使用可能です。
6台使用時は3台のチューナーが必要となります。


a 3
日本の電波法の免許なし周波数B帯は806.125〜809.750ヘルツ帯の枠と成っています。
6グループ分けをしてるのは物理的に周波数と周波数が重なると違う周波数が生まれてしまう現象、混信電波が生じてしまうからです。
従って混信波が生まれにくい周波数を6波選び6グループを作っています。
グループと違う周波数でセットすると電波切れや音切れなどの障害が発生してしまいます。
ご質問のグループはどのグループを使用してもOKです。
近くのイベントなどで使用しているチャンネルグループを確認し避けるようにセットするとトラブルを回避できます。
ちなみに会議室や体育館等の施設でよく使用している周波数はB1グループの様です。
仮にB1グループのチャンネル設定はB11〜B16波の6台まで基本的に好きなチャンネルでセットできます。ダブルチューナーの場合
1台目をB11とB13
2台目をB12とB15
3台目はB14とB16
等にセッティングをすると安定感が増す様な事もある様ですが基本グループ内であればどのチャンネルを使用してもOKです。
説明書11ページの受信システムの周波数グループ表に従いセットしてください。

a 4
周りの店舗やイベントステージ等とコミニュケーションを持ち運営本部の指示に従い重ならない周波数グループでセットしてください。


a 5
ご使用環境、電波干渉等、により周波数帯が限られている場合もございます。
音切れノイズが入る場合は静電気、障害波電波切れ、電波のデットポイント(電波が届かなくなる陰)等が疑われます。
対策として 周波数グループの確認、 チューナーやアンテナの位置、人の壁、マイク同士を近ずけすぎない、静電気緩和スプレー(床や服等に)を試されてください。
干渉回避のため 電波飛距離も お読みください。


a 6

繁華街などではよくある問題で干渉波に悩ませられる事例が多くあります。
絶対的ではありませんが、チューナー側の受信力を下げる方法で近くにある電波しか受信しにくくする方法です。

説明書11ページ、受信システムの周波数グループに従い干渉波の少ないグループをお選びください、日本電波法により同時会場使用台数は6台まです。

マイクの電源を全てOFFにし、チューナーのRFのメモリが上がっている場合干渉波を受けている事になります。繁華街ではどのチャンネルグループでも影響を受ける可能性がありますが、比較的影響の少ないチャンネルグループに設定してください。

受診距離が近い場合は説明書5ページ受信機の機能、リアパネルの3番7番の受信感度SENSITIVITYボリュームを下げてご使用ください。

チャンネルグループのチャンネル設定は、説明書10ページシステムの設定により変更をお願いいたします。

説明書11ページ6長距離受信と短距離受信での短距離受信RF,LOにセットしてみてください。

またノイズの原因となりますのでマイク並びに受信機の側ではパソコン、モニター、ハードディスク、カメラ、等の
機器高周波を発生する器具、照明器具、蛍光灯などから遠ざけて設置してください。